Personal Health And Care

肩書だけでなく中身も経営者になるためにはどうすればいいのか


経営者とプレイヤーの違い

現場で多くの実績をあげてきた人物が、優秀な経営者になれるかというと、そうとも限りません。なぜかというと、求められる役割が違うからです。プレイヤーとして仕事をしているときには、会社から与えられた役割を果たせば評価されます。自分中心で動いても問題はありません。一方で経営者は、会社全体の事を考えてなにをするべきか責任を持って決めることが仕事です。将来に対するビジョンや金銭感覚も、経営者はプレイヤーとは異なります。組織の維持や成長を考えなければいけません。つまり、出世や独立で経営者となったならば、従来の考え方から脱却することが求められます。経営者交流会で他の経営者と話をしたり、経営者セミナーでノウハウを吸収していくことで、考え方を変えてきましょう。

経営者になるための心構え

経営者になるための心構えは、複数の視点を持つことです。会社は短期的な視点で動くこともあれば、長期的な視点で動くこともあります。内部の統率も重要ですが、外で起こっている事にも注意を払わなければいけません。もし、これらのことで一方の視点しか持たなければ、会社の維持や成長は難しくなるでしょう。複数の視点を持つためには、正しく現状を把握すると同時に、将来のことを読み解くための知識や経験を磨く必要があります。それができることこそが、優秀な経営者の資質と言えます。複数の視点を持ちたいならば、あらゆる情報を入手・分析できる経営者を目指しましょう。情報を読み解くために専門的な知識が必要ならば、経営者セミナーや書籍で勉強をしなければいけません。

会員制医療倶楽部は所定費用を支払い会員になることで最新の高精度検査を受けられる仕組みです。目的は会員の健康維持で、病気や異常が見つかったときは提携医療機関を紹介することで早期治療につなげます。