Personal Health And Care

日本人男性の3分の1が悩んでいるの?agaとその対策とは


そもそもagaって何なの?

20代に入り急に枕元についている毛が多くなってきたり、髪の毛を洗った時やドライヤーで乾かしている時に抜け毛が気になったりする男性が多いかもしれません。agaとは日本語に略すと男性型脱毛症で、男性ホルモンが原因で発症する進行性の疾患です。その特徴は主に額の生え際や頭頂部から抜け毛が始まり、少しずつ時間をかけて進行していきます。日本人男性の約3分の1がagaに悩んでいるといわれ、進行を止めるには何か対策をする必要があるといわれています。

agaの原因ってなに?その仕組みは?

通常髪の毛は一定周期(ヘアサイクル)のなかで成長します。ヘアサイクルには活発に育つ成長期と成長が止まっていく退行期、成長が完全に停止する休止期があります。agaの原因となるのは、このなかの成長期です。成長期は早期・中期・後期の3段階の分かれ、それぞれの過程を経て、髪の毛は成長していきます。agaになる原因は悪玉男性ホルモンが、男性ホルモン受容体と結合することによって起こります。この結合によって、ヘアサイクルの成長期が短縮されてしまうのです。成長しきらない段階で退行期へと向かいますので、常に細く短い毛がある状態となり、薄毛となるのです。

agaになってしまったときの対策と予防は?

一般的なagaの治療方法は内服薬と外用薬です。aga初期の場合は進行を抑制する薬を服用し、ある程度進行している場合は内服薬と外用薬を併用します。このほかに有効成分を頭皮に直接注入する方法や、agaではない頭皮をagaが発症している箇所に移植する方法などもあります。予防法は生活習慣の改善やサプリメントなどがありますが、気になり始めた時点で一度専門医に相談するのがよいでしょう。

agaを京都で治療するために病院を探すなら、交通アクセスのよい京都駅周辺や、北区や四条などにもクリニックが多数あります。